やりたいことの見つけ方

システム手帳 siruha

紙とペンで、やりたいことを見つける。

いつも、小さな手帳を持ち歩きます。
興味を持ったこと

大切だと感じたこと

思いついたアイデア

などについて、日々、書き留めていきます。

 

書き留めたことは1冊のノートにまとめていきます。

貼りつけたり、書き写したり

書き方は自由です。

 

そのノートは、毎日、パラパラと眺めるようにします。

 

たったそれだけです。

自分の興味があること、大切だと感じたことを書き留め、毎日触れることで、自分が本当は何が大切で、何をしたいのか、自然と掴めるようになっていきます。

自然と目指す向きがわかってきます。

そうなればあとは進むだけです。

ノートと向き合いながら、慎重に、大胆に。

 

紙とペンを使ってみてください。
本当にやりたいことが見つかります。

 

 

 

1冊にまとめた方がいい理由は、余分なことを考えなくて済むからです。

「これはあのノートに書こう」とか、
集中した方が良いことに集中出来るように、ノートは1冊が良いです。

読み返すときも、いろいろな事が書かれているので飽きにくい

自分の興味がある事や大切な事だらけのノートだから、読み返すことが楽しくなります。
ノートは無地のA4ノートがおすすめです。

ノートカバー

無地だと自由に書けます。

キレイじゃなくても、ページに個性が出ます。
A4サイズは読み返すときに最適なサイズです。資料や雑誌もA4くらいが多いです。

書き込める情報量がちょうど良くて、1つの事柄をまとめる時、たいてい見開き1ページに収まります。

 

一覧性は理解を深めます。アイデア力を高めます。
手帳はポケットサイズがおすすめです。

いつも持ち歩けるからです。

思いつきってすぐに忘れてしまいます。

手帳はいつも持ち歩きます。

 

 

よく歩く

足は第2の心臓と言われています。歩くことで足がポンプのように血の流れを促します。
血液が十分に行き渡った脳はよりしっかりと考えごとに答えを出してくれます。

あと、歩くことによって景色が移り変わっていくことも、頭を整理したりアイデアを生み出すために良い刺激となります。

 

大切な選択に悩んだら、カードを使う

カード
選択肢を1つずつカードに書き、それらを並び替えたりしながら頭の中を整理していきます。

頭の中を整理するのにとても効果的です。

付箋でも良いと思います。

何かを選ぶとき、分類するときはカードがおすすめです。

 

瞑想する

かんたんな瞑想です。
1日の中に、静かな場所で楽な姿勢になり、呼吸にだけ集中する時間を作ります。

何も考えない時間は無駄のようにも感じますが、瞑想をすることによってアイデアを思いつきやすくなったり、集中できたりなど、いろいろなメリットがあります。

 

本をたくさん読む

いろいろな本を読むことで、いろんな世界や考え方、感じ方に触れることができます。
本の著者はその道で一流の方が多いので、そんな方達の考え方に触れることは大きな刺激になります。

 

何でも経験する

実際に何かを経験する。

そこから得られるものはとても大きいです。

いろいろな経験をすればするほど、選択肢が増えます。

たくさんの道ができます。

 

どの道を選ぶかは自分次第です。1本の道しか選べない人生より、きっと楽しいと思います。

たくさんの経験から、やりたいことを見つけましょう。

 

 

まとめ

やりたいことを見つけるために大切だと思うことをまとめてみました。

まとめ
・手帳を持ち歩く
・ノートにまとめ、読み返す
・歩く
・カードを使う
・瞑想する
・本を読む
・経験する

 

 

システム手帳 siruha


考えるコトに集中できる手帳


SIRUHAでは、紙とペンをもっとたくさんの方に活用していただきたいという想いから、「書くコトと考えるコトに集中できる手帳」というコンセプトで手帳をデザインし、製作、販売しています。いつも持ち歩くコトができ、使いやすさにこだわったポケットサイズのシステム手帳です。



いつも持ち歩くものを最高のカタチに

SIRUHAは、「使いやすい」「軽い」「お洒落」をコンセプトにした、持ち主の能力や魅力を引き出せる手帳やバッグを広めていきます。


ABOUTこの記事をかいた人

シンジ

【持ちモノデザイナー】 岡山県笠岡市で手帳やバッグなど、普段持ち歩くモノを「使いやすさ」「軽さ」「お洒落さ」にこだわり、製作しています。 最高の持ちモノは、持ち主の魅力や能力を引き出します。 たくさんの人が自分の魅力や能力を最大限に引き出せるようになると、世界はもっと楽しくなりそうです。