スマホを持っていても手帳を持つ人が多い理由

手帳とスマホ

 

「スマホを持っていても手帳も必要」

 

そういった方はまだまだ多いです。

 

スマホの方がたくさんの機能があって便利そうにも思えます。

それでも、たくさんの方が手帳も一緒に持ち歩き、スケジュールやちょっとした思いつき、学びなどを手帳に書き込んでいます。

 

手帳の方が優れていることが、まだまだたくさんあるからです。

「手帳の方がなんとなく頭に入ってきやすいなぁ」「手帳の方がさっと書き込めるなぁ」とか、多くの方が実際に使用していく中で手帳の良さを感じ取っています。

スマホが進歩していっても本当の意味で手帳の代わりまで務めるのは、まだまだ先の話だと考えています。

 

手帳の良さとは?どんな手帳がいいのか?どんな使い方がいいのか?についてなど、手帳についての記事はたくさん書いていこうと思っています。

今回は、第一弾として、「手帳の良さ」についての記事を書いていきます。

 

デジタルよりも優れた紙とペンのメリット

最初に、紙に書くことでどんな良い効果があるのか?紙に書くことのメリットについて書いていきます。

紙とペンには以下のようなメリットがあります。

  • 理解を促してくれる
  • 記憶を定着させてくれる
  • アイデアの創造を促してくれる

 

紙とペンを使うことでこういった効果があります。
考える力が求められる現代で、自分の能力を発揮するための最高のツールだと思います。

 

スケジュール管理をするときには、予定がより記憶に残りやすくなります。一覧性も高く、全体のスケジュールを把握しやすくなります。

勉強をするときには、早く、深く理解できるようになります。しっかりと記憶にも残るのでより高い学習効果を見込めます。

新しいアイデアを考えるときにも、新しいアイデアが閃きやすくなります。本質を理解して最適なアイデアを生み出すためにとても役に立ちます。

 

実際に、紙のノートを使った場合と、PCを使った場合では、理解力、記憶力、創造力に差が出るという研究結果もあります。

 

また、紙とペンには行動力を高めてくれる効果もあると感じています。
その日にやりたいことを朝、紙に書き出すだけで行動に移しやすくなります。
目標や実現したいアイデアなどを紙に書くことで、実現に向けて行動できるようになります。

 

紙とペンは、理解力、記憶力、アイデア力、行動力といった人として重要な能力を引き出してくれるツールです。

効率化としてはデジタル機器が優れたツールですが、
しっかりと考えたいこと、やる気を出して実行していきたいことがある時には紙とペンも活用して、上手く使い分けていくことが大切です。

 

手帳のメリット

ここからは、手帳を使ったとき実際にはどういったメリットがあるのかについてもう少し詳しく書いていきます。

予定を覚えやすい

手書きすることで記憶に残りやすくなるので、スケジュールを把握しやすくなります。

一覧性が高い

スマホのスケジュールアプリだと、詳細についてはタップして移動しないと確認できまないなど一覧性を保つことが難しいように感じます。手帳の場合は自由度が高い分、一覧性を保ちやすく、全体のスケジュールを把握しやすくなります。

サッと書き込める

手帳とスマホ、両方を使い比べてみると手帳の方がサッと書き込める印象を受けました。

予定、学び、思いついたアイデアなど、大切なことをいつでもすぐに書き込めるメリットは大きいです。

電話をしていても、スケジュールの確認や書き込みができる

スマホでスケジュールを管理していると、電話中はスケジュールを確認したり、決めた予定を入力したりできません。ハンズフリーにすれば可能ですが、出先などではハンズフリーにできないことの方が多いです。
手帳でスケジュールを管理しておけば、電話中でも問題なくスケジュールを確認したり書き込んだりできます。

集中できる

スマホだと通知が来ていてそちらが気になったり、アプリなどの広告が気になったりなど、集中を妨げる要素が多いです。記録したいことがあっても、入力画面を開くまでに内容を忘れてしまうこともありました。
手帳の場合はそういったことが少なく、目的に向かって集中できます。

楽しい

手帳だとスケジュール管理も楽しく感じられる。そう感じている方は多いです。
スマホだと作業といった感じ方になってしまうのかもしれません。手帳を使うことでスケジュール管理も楽しくなります。

ストレスを感じにくい

スマホだと使い方に一瞬悩んでしまったり、画面から発せられる光刺激などで、気づかないうちにストレスがたまっていきやすいようです。

目、首、肩、自律神経などにも悪影響を与えやすいスマホより、比較的そういったデメリットが少ない手帳を使う割合を増やしていくことで、ストレスを減らしていくことができます。

直感的に使える

アナログの良さは操作に悩むことなく、直感的に使える点だと思います。それによって、使いやすく感じたり、書くことに集中できたり、ストレスを感じにくくなります。

手帳は持ち主の能力を引き出してくれます。

 

まとめ

手帳を使うことで得られる、いろいろなメリットについて紹介させていただきました。

そして使いやすい手帳を使い、上手な使い方をしていくことで、紙とペンのメリットをより高めていくことができます。

使いやすい手帳についてや、使い方についての記事も近日投稿予定です。手帳を使う方が増えること、そして手帳をうまく活用してご自身の能力を最大限に引き出せる方が増えることを願っています。

 

・理解を促してくれる
・記憶を定着させてくれる
・アイデアの創造を促してくれる
・行動力を高めてくれる
・予定を覚えやすい
・一覧性が高い
・サッと書き込める
・電話をしていても、スケジュールの確認や書き込みができる
・集中できる
・楽しい
・ストレスを感じにくい
・直感的に使える

 

 

手帳とスマホ


考えるコトに集中できる手帳


SIRUHAでは、紙とペンをもっとたくさんの方に活用していただきたいという想いから、「書くコトと考えるコトに集中できる手帳」というコンセプトで手帳をデザインし、製作、販売しています。いつも持ち歩くコトができ、使いやすさにこだわったポケットサイズのシステム手帳です。



いつも持ち歩くものを最高のカタチに

SIRUHAは、「使いやすい」「軽い」「お洒落」をコンセプトにした、持ち主の能力や魅力を引き出せる手帳やバッグを広めていきます。


ABOUTこの記事をかいた人

シンジ

【持ちモノデザイナー】 岡山県笠岡市で手帳やバッグなど、普段持ち歩くモノを「使いやすさ」「軽さ」「お洒落さ」にこだわり、製作しています。 最高の持ちモノは、持ち主の魅力や能力を引き出します。 たくさんの人が自分の魅力や能力を最大限に引き出せるようになると、世界はもっと楽しくなりそうです。