使いやすい「持ちモノ」とは?使いやすさの3つの要素

いつも持ち歩くバッグ、そしてその中に入っているスマホ、お財布、カギ

そういったモノが最高に使いやすいものだったら、持ち主の能力や魅力をさらに引き出してくれると思います。

じゃあどんなモノが使いやすいんだろう?

本当の使いやすさってどういうことだろう?

より楽しい毎日のために、使いやすい持ちモノについて考えました。

使いやすい持ち物には3つの要素が大切だと感じます。

 

使いやすさの3つの要素

出し入れしやすい(すぐ、直感的に使える)

使いたいものがサッと出せる。使いやすさのためには一番大切なことだと思います。

スマホの場合は目的のアプリをすぐに開けるか、操作に迷うことなく直感的に使えるか、

手帳の場合は、目的のページをサッと開けるか

そういった出し入れのしやすい道具だと、やりたいことにより集中できます。

 

軽い

荷物が重すぎると歩くことが嫌になります。どこにも行けず、何もできなくなります。

荷物が軽いと歩くことが楽しくなります。より遠くへ歩いていけます。

持ち歩くモノについては、軽さも使いやすさの一つだと感じます。

 

お洒落

見た目や質感がよく、使うほどに愛着が湧いてくるモノ

お洒落な道具は持ち歩くこと、使うことが楽しくなります。

手帳を買ってもすぐに使わなくなっていた私ですが、お洒落な手帳を持ちはじめると自然に手帳を使う習慣が身につきました。

自然と使いたくなるお洒落さも、使いやすさの一つです。

 

 

出し入れのしやすさ、軽さ、お洒落さ。いつも持ち歩くモノにはこの3つが大切だと思います。

 

やりたいことに集中でき、

身軽により遠くまで歩くことができ、

使うことが楽しくなる道具。

 

そんな道具を持てると、毎日の生活がより楽しくなりそうです。  

 

 

SIRUHAとしてモノ作りをするとき、いつもこの3つを意識してデザインするようにしています。

手帳やバッグなど、今までいろいろ作ってきました。

もっと作りたいモノ、広めたいモノがあります。カタチにして、広めていくにはもっとSIRUHAが大きくなる必要があると考えています。

まずはたくさんの方に知っていただくことから

皆様のお役に立てるモノを作っていきますので、フォローやシェアをよろしくお願い致します。


考えるコトに集中できる手帳


SIRUHAでは、紙とペンをもっとたくさんの方に活用していただきたいという想いから、「書くコトと考えるコトに集中できる手帳」というコンセプトで手帳をデザインし、製作、販売しています。いつも持ち歩くコトができ、使いやすさにこだわったポケットサイズのシステム手帳です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シンジ

【持ちモノデザイナー】 岡山県笠岡市で手帳やバッグなど、普段持ち歩くモノを「使いやすさ」「軽さ」「お洒落さ」にこだわり、製作しています。 最高の持ちモノは、持ち主の魅力や能力を引き出します。 たくさんの人が自分の魅力や能力を最大限に引き出せるようになると、世界はもっと楽しくなりそうです。