本当に覚えたいことはアナログで 〜デジタルの弱点〜

ノートカバー

今はネット上の情報も充実してきて、

気になったことは検索すれば簡単に知ることができます。

電子書籍も当たり前になってきました。

スマートフォンやタブレットなどのデジタル機器は、何かを学ぶためにとても良いツールになってきたと感じています。

 

ただ、僕たち人間はまだそれほど自分たちの記憶のメカニズムを知りません。

そんな中で人の手によって生み出されたデジタルの世界は、記憶に必要な要素が欠けているのかもしれません。

 

こんな記事を見つけました。

電子書籍より紙の本で読んだほうが、内容をよく記憶できる

記事には下記のようなことが書いてありました。

最近の研究によると、電子書籍で本を読んだ人は、紙の本で読んだ人に比べて、内容を記憶している度合いが著しく低いことがわかりました。

「物語の進行に合わせて紙をめくっていくという作業が、一種の感覚的な補助となります。すなわち、触覚が、視覚をサポートするのです」

他の研究では、手書きでノートをとった人はキーボードでノートをとった人と比べて、長期的に記憶しているという結果も出ているようです。

 

アナログは理解や記憶に良い影響を与えます。

 

記憶するために必要な要素は何か

アナログとデジタルで理解や記憶に差が出る理由のひとつに、

デジタルは感覚としての情報量が少なく、アナログは感覚としての情報が多いことがあげられます。

デジタルは全てが画面のなかだけで展開されています。

アナログはページをめくる時の動作、紙の感触、大きさや重さなど、感覚的な情報量が多いです。それらの情報は意識はしていなくても無意識のうちに記憶されています。

覚えたい内容以外にもたくさんの感覚的情報を記憶する。

それは覚える必要のない余分な記憶にも思えますが実は役に立っているようです。

たくさんの感覚的な記憶が、内容を思い出す時の手がかりになります。

 

感覚的な情報が少ないデジタル機器

必要だと思ったことだけで作り上げてきたデジタルの世界

でも僕たち人間はまだ何が必要で何が不必要なのかを判断するには未熟すぎるのかもしれません。

こういったことがわかってきたので、今後はデジタル機器でもできるだけ感覚的な要素を取り入れ、理解や記憶にアプローチしていく工夫が施されていくかもしれません。

音声をもっと上手く使ったり、サイトのデザインに個性をもたせたり、もしかすると質感が変化するタッチパネル画面なんてものも出てくるかも

 

本当に覚えたいことはアナログで

いろいろなことを簡単に短時間で知ることができるデジタルツールはとても便利です。学習の手段としても有効だと思います。

ただ、しっかりと理解して身に付けたいことなど、アナログの本やノートを使って学ぶほうが良い場合も多そうです。

 

情報収集はデジタル

掘り下げて学んでいきたいことはアナログ

 

今はこんな感じで使い分けて行けば良いのかなと思います。

デジタルとアナログは他にも色々な長所と短所があります。どちらかに偏るのではなく、目的に合わせて使い分けていくことが大切です。

 

ノートカバー


考えるコトに集中できる手帳


SIRUHAでは、紙とペンをもっとたくさんの方に活用していただきたいという想いから、「書くコトと考えるコトに集中できる手帳」というコンセプトで手帳をデザインし、製作、販売しています。いつも持ち歩くコトができ、使いやすさにこだわったポケットサイズのシステム手帳です。



いつも持ち歩くものを最高のカタチに

SIRUHAは、「使いやすい」「軽い」「お洒落」をコンセプトにした、持ち主の能力や魅力を引き出せる手帳やバッグを広めていきます。


ABOUTこの記事をかいた人

シンジ

【持ちモノデザイナー】 岡山県笠岡市で手帳やバッグなど、普段持ち歩くモノを「使いやすさ」「軽さ」「お洒落さ」にこだわり、製作しています。 最高の持ちモノは、持ち主の魅力や能力を引き出します。 たくさんの人が自分の魅力や能力を最大限に引き出せるようになると、世界はもっと楽しくなりそうです。