【ネットで集客!】初心者が初心者に教えるコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングがわかれば、商品の良さをたくさんの方に伝えることができます。商品を購入していただくことができます。

やりたいことが誰かの役に立つことだとしても、利益がなければその仕事を続けていくことはできません。
やりたいことが見つかってそれを仕事にした時に、自分の商品やサービスを買ってもらえるかはとても重要なことです。

 

知ってもらうため、買ってもらうために、コンテンツマーケティングが必要です。

コンテンツマーケティングとは?

ユーザーにとって役に立つコンテンツを発信していくことで、興味を持っていただき、商品・サービスを買ってもらえるようにすることです。

私の場合は、ブログで手帳の使い方や選び方などの記事を書いて、その記事をたくさんの方に読んでいただくことでSIRUHAのことを知ってもらい、手帳を買っていただけるようにしています。

役に立つ以外にも、面白いや感動するなどの見てよかった、また見たいと思ってもらえる内容も良いですし、伝える手段としては動画も良いと思います。

 

 

見てもらうためには

コンテンツマーケティングをするには、まずネットからたくさんのアクセスを集められるようになる必要があります。

アクセスを集める方法としては、Google検索に上位表示させてアクセスを集める方法とツイッターやフェイスブックなどのSNSで拡散してアクセスを集める方法があります。

Google検索で上位表示できると、安定してたくさんのアクセスを集められます。

SNSでのアクセスは拡散されて流れに乗った時に、一時的ですがたくさんのアクセスを集められます。

 

検索1位は取れる

Google検索で1位を取るってとても難しそうですが、キーワードによっては実はそれほど難しくありません。

たしかに「手帳」という検索ワードでの1位は難しいですが、「手帳 使い方」「ポケットサイズ 手帳 使い方」というようにキーワードを増やしていくほど、検索1位を取りやすくなります。

 

大切なのは中身

専門的な知識はどんどん必要なくなっています。

Googleは検索ユーザーにとって役に立つ記事を上位に表示できるようにシステムの改善に取り組んでいるからです。重要なのはタイトルや内容です。

検索順位を上げるための専門的なテクニックもありますが、それらはどんどん減っていくはずです。

 

検索した方が「見たい」と思うタイトル、「見てよかった、役に立った」と思う内容であるか、読みやすいか、この3つが大切です。

 

何か調べたくて検索をして、知りたいことがわからなかったことはないでしょうか?

 

 

検索からの集客をしていくにしてもSNSは必要

基本的には検索順位を上げて検索からアクセスしてもらえるカタチが、たくさんの集客を得られやすくて良いと思いますが、検索からアクセスを集めるためにもSNSはしておいたほうが良いと思います。

Googleはいろいろな要素でサイトを分析し、検索順位を決めています。
検索で上位に表示されるための一つのポイントとして、「良い形でリンクしてもらう」というものがあります。

たくさんの方がリンクを貼って紹介している→良いコンテンツだから

という判断になり、Googleからの評価が上がっていく一つの要素になります。

ツイッターなどのSNSでたくさんの方に知ってもらうことで、サイトにリンクを貼ってもらうことにつながります。

 

更新情報を通知する手段にもなりますので、SNSの活用も大切です。

 

 

コンテンツマーケティングをしていく大まかな流れ

ブログに読み手の役に立つ記事を書いていき、SNSで記事を拡散してもらえるようにして少しずつでもアクセスを集めていく

検索順位が上がって検索からもアクセスが集まり始めたら、記事の内容、サイトのデザインやレイアウトなどのいろいろなテストを行って分析していきながら、さらなるアクセス数アップや収益化にも取り組んでいきます。

 

サイトのレイアウトはとても大切ですが、ある程度アクセスがある状態でテストしていかないと何が良いレイアウトなのかわかりにくかったりします。最初のうちは高い評価を得られる記事を増やしていくことに集中することが大切です。

 

記事作りで大切なこと「Googleからの評価を上げる」と「読み手からの評価を上げる」

記事を書くときに大切なことは、検索順位を上げる事と読み手の役に立つ事です。

Googleも検索ユーザー(読み手)の役に立つことを最優先にしているので本来は読み手にとって役に立つコンテンツを作っていけば、自然とGoogleの評価も上がっていくということになります。

ただGoogleのシステムもまだ完璧ではないので、役立つ記事だからと言って必ず検索順位が上がるとは限りません。

なので、今のGoogleの評価の仕方についての特徴を知って、それを意識しながら役に立つコンテンツを作っていきます。

 

Googleの評価を上げるために

キーワードを選ぶ

どんなキーワードで検索されているのかを調べて、検索されているキーワードを使用するようにします。
そうすることで、早く、的確なキーワードで検索上位を狙っていくことができます。

 

キーワードを調べるツールとしてはGoogleのキーワードプランナーなどがあります。

 

たくさん検索されているキーワードで上位表示できれば良いですが、たくさん検索されているキーワードはすでにたくさんの方が記事を書かれているので難易度は高くなります。

複数のキーワードで、ターゲットを明確に絞っていくことで、検索数は少なくても検索順位は上げやすくなり、アクセスを集めていくことができます。
最初は地道に積み上げていくことが大切です。

 

例として、「手帳」→「手帳 使い方」→「システム手帳 ポケットサイズ 使い方」というようにワードを増やしていくほど、検索数は少なくなりますが、検索上位は上げやすくなります。そしてワードが多い方が、検索ユーザーの求めていることも把握しやすいので、ニーズに合った内容の記事を書くことができます。

 

記事の内容が良ければ、記事の評価だけでなくサイト自体の評価も上がっていくので、たくさん検索されているキーワードでも上位を狙っていけるようになります。
最初はターゲットを絞って地道にアクセスを集めていき、記事とサイトの評価を上げていきます。

 

キーワードを選ぶときのポイント

・狙いたいワードで検索上位になっている記事を見て、ライバルとなる記事のレベルを把握する
・検索ユーザーが何を求めているかと向き合う
・収益につなげやすいワードか

 

 

タイトル>見出し>文章。あと画像にもキーワードを入れる

選んだキーワードをどこに入れるかも重要です。

タイトルが一番大切で、その次に見出し、その次に文章です。

タイトルには一番大切なキーワードを入れます。タイトルの中でも前の方にキーワードがあると良いように思います。

見出しにも関連したキーワードを入れておくようにします。

本文にもキーワードを入れながら文章を書いていきます。

画像にも代替テキストとしてキーワードを入れることができるので設定します。

 

早く評価してもらうためにサイトマップを送る

Googleに記事を更新したことを伝えることで、検索に早く登録してもらえます。
Googleのサーチコンソールというツールを使います。

 

 

評価が下がる基準も知っておく

・サイトを開いたときに最初に表示される範囲に広告が多すぎる
・不自然にキーワードを多用している
・不自然なリンク

検索順位を上げるための工夫は大切ですが、こういったことをしてしまうと評価が下がってしまいます。

 

 

読み手の評価を上げるために

 

とにかく役に立つコンテンツを

ユーザーが何を知りたくて検索しているのかを考え、ユーザーの役に立つ記事にします。

 

画像を使う

適度に画像があると、飽きにくくなって読みやすくなります。
伝わりやすくもなります。
あと画像のすぐ下の文章は読まれやすいというメリットもあります。

※画像はフリー素材か、自分で撮ったもの、許可をとったものを
画像を選ぶ際には、著作権や肖像権などに注意が必要です。
ネットで探す場合はフリー素材のもの
自分で撮影した画像でも人物が写っているならその方の許可を
どうしてもフリー素材ではない画像を使いたいときは、著作権を持っている方の許可を

 

ちなみにフリー素材でも商用利用が可能かなど、ルールの確認が必要です。
またフリー素材は他のサイトでも使われていることが多いので、独自の世界観を作ってブランディングしていく場合には、自分で画像を用意した方がいいと思います。

 

広告っぽいは良くない

ユーザーは広告に飽きています。広告っぽい画像はクリックされにくいようです。

 

適度な改行で読みやすく

適度に改行することで、読みやすくなります。

 

キャッチーにする

タイトルやアイキャッチ画像を工夫して、興味を持ってもらい、クリックしてもらえるようにします。
・タイトルの中に数字を入れるとクリックされやすい
・タイトルは30字前後
・人の目にとまりやすい画像を使う(赤ちゃんやネコは人の目にとまりやすい)
・タイトルに中身が伴っていないのは良くない

 

普段自分はどんなタイトルや画像に興味を持ってクリックしているか、どんな記事だったら満足するかなどを気にしておくことも大切です。

 

ブログを作る時の注意点

・ドメインは途中で変えたりしないように、最初にしっかりと考えて決める
ドメインは、途中で変更すると積み上げてきたサイトの評価がなくなってしまいます。最初にちゃんと決めた方がいいです。

・どのブログサービスを使うかによっても違いがあり、商用として使っていくなら基本的にはワードプレスが良い
ブログサービスによっては商用禁止だったり、ブログサービスが終了してしまう恐れなどもあるので、自身でドメインとサーバーを準備してブログを設置できるワードプレスだとそう言った心配はなく自由に運営できます。
ワードプレスにも難しい部分はありますが、商用として使うならワードプレスで運営できるといいかなと思っています。

 

 

最後に

コンテンツマーケティングでどんなことをしていくかについて、大まかなところをまとめてみました。
僕はだいたいこんな感じで進めています。

役に立つ内容の記事を作っていくことが何より大切です。

 

キーワードの調べ方やサイトマップの送り方、ブログの立ち上げなどについて、詳しい方法は検索するとたくさん出てきます。

 

最初は時間もかかりますしすぐに利益にならないので大変さはあります。成功させるためには強い想いとやる気と根気が必要です。

結果が出てくると大きな集客力になってくれます。

 

 

少し自己紹介と、コンテンツマーケティングが必要だと感じた理由

よりたくさんの方の毎日の生活に「書く」「歩く」機会を増やしていきたいと考えています
現代では車やスマホの登場で、歩くと書く、どちらの機会も減ってきています。だけどこれからの時代により必要性が高まっていく「考える力」を引き出すためには、書くコトと歩くコトをもっと習慣化していく事が大切だと感じています。
書くコトで頭を整理でき、歩くコトでより頭を働かせることができるからです。

「書く」と「歩く」は人の能力や魅力を高めてくれる習慣だと思います。

 

なので私は、書くことに集中できる手帳や、歩くことが楽しくなるよう身軽になれるバッグを製作し、販売しています。
使いたくなるようなツールを提供していくことで、少しでもたくさんの方に書くと歩くを習慣にしていただければと思い、SIRUHAというブランドを立ち上げて活動を始めました。

 

よりたくさんの人が自分の能力や魅力を最大限に引き出せるようになると、世界はもっと楽しくなりそうです。

 

自分の活動や、製作している商品について知ってもらうため、買ってもらうためにどうすればいいのか。
ネットショップ、実店舗、イベント販売など、ネットとリアルも含めていろいろな手段を調べました。

検討した結果、まずはコンテンツマーケティングが必要だと考えました。

 

コンテンツマーケティングを学べば、リスクは最小限にしながら、よりたくさんの方に知ってもらうことができ、購入していただけるようなアプローチも可能です。

 

誰もがネットでSNSやネット検索を利用している今、ネットから情報を発信していく力はより重要となっていきます。

 

SIRUHAではブログ運営を通じて、たくさんのお客様にSIRUHAのことを知っていただき、手帳やバッグを購入していただきました。

 

まだまだ未熟ではありますが、誰にでもわかりやすいカタチでコンテンツマーケティングについて発信していくことで、やりたいことを仕事にするために活動されている方のお役に立てればと思います。

 

これから少しずつ、コンテンツマーケティングに必要な文章力や、ブログの運営方法、SNS活用方法などについてまとめていきます。

 

 


考えるコトに集中できる手帳


SIRUHAでは、紙とペンをもっとたくさんの方に活用していただきたいという想いから、「書くコトと考えるコトに集中できる手帳」というコンセプトで手帳をデザインし、製作、販売しています。いつも持ち歩くコトができ、使いやすさにこだわったポケットサイズのシステム手帳です。



いつも持ち歩くものを最高のカタチに

SIRUHAは、「使いやすい」「軽い」「お洒落」をコンセプトにした、持ち主の能力や魅力を引き出せる手帳やバッグを広めていきます。


ABOUTこの記事をかいた人

シンジ

【持ちモノデザイナー】 岡山県笠岡市で手帳やバッグなど、普段持ち歩くモノを「使いやすさ」「軽さ」「お洒落さ」にこだわり、製作しています。 最高の持ちモノは、持ち主の魅力や能力を引き出します。 たくさんの人が自分の魅力や能力を最大限に引き出せるようになると、世界はもっと楽しくなりそうです。